• ホーム
  • ミノキシジルの発毛効果をチェック!

ミノキシジルの発毛効果をチェック!

発毛剤と言えばリアップというくらいに日本で有名になっていますが、リアップに含まれている成分にミノキシジルというものがあります。ミノキシジルは元来血管拡張作用があるということで、血圧を下げる薬として開発されていたわけですが、多くの患者に対して多毛症という副作用が起きたということから、ロゲインという外用薬が開発されたという経緯があります。アメリカのFDAでロゲインという外用薬が認可され、そこから各国でも認可されているということです。

ミノキシジルは日本の厚生労働省でも認可されており、薄毛治療において使用されています。日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインにおいて、5段階評価での最高ランクであるランクAを獲得していて効果が高いということです。ミノキシジルを含んだ外用薬であるロゲインやリアップにおいては、医師から処方されたり、ドラッグストアなどでも販売したりしていて、AGA治療に活用されています。

ミノキシジルの効果は血管が拡張することにより血流が良くなり、髪の毛にいい栄養素が頭皮に行き渡らせるようにするということです。髪の毛の根本である毛母細胞に対して、たんぱく質などの栄養素が行き渡るようになれば、発毛効果が出てきます。ミノキシジルは何よりも血管を拡張するための成分が含まれており、最終的には発毛に繋げることを可能にするということです。

ミノキシジルは血管を拡張するという働きだけでなく、成長因子というたんぱく質を増やすという働きもあることが分かってきています。成長因子は細胞分裂やその成長を促したりする働きがありますので、頭皮に成長因子を増やすことで、毛細血管の細胞や毛母細胞を増やすことに繋げるわけです。発毛に繋げるための働きがあるということになります。

ミノキシジルの使い方は、薄毛が目立つところを中心にして塗布すればいいです。塗布した後は全体に行き渡らせるようにしっかりとマッサージをしていきます。使い方で気を付けておきたいところは、塗布する前に頭皮や毛穴を清潔にするということです。発毛に繋げないといけないにもかかわらず、頭皮が汚れているならば薬剤が浸透しなくなります。薄毛が気になるからと言って大量に付けるというのもあまり意味のないことです。

ミノキシジルの副作用としては、塗布した時にかぶれや湿疹などが起こることがあります。基本的には正しい使い方をすれば間違いありませんが、副作用が気になるならば医師や薬剤師に相談するべきです。