• ホーム
  • 男性だけじゃない!女性の薄毛について

男性だけじゃない!女性の薄毛について

女性ホルモンは発毛に役に立つから、女性には薄毛になることは少ないと言われています。しかし、女性だからと言って薄毛にかからないということはありません。加齢によりホルモンの分泌量が減少しますので、それに伴って薄毛になるということがあります。

女性で一番多い薄毛のパターンがびまん性脱毛症です。びまん性脱毛症は全体的に髪の毛が薄くなる症状で、女性男性型脱毛症と慢性休止期脱毛症の2つのパターンに分かれます。女性男性型脱毛症は男性ホルモンが影響することによって、毛が全体的に薄くなるということです。遺伝によってそういう症状にかかりやすいです。ただ、男性のように頭頂部や前頭部が薄くなるというケースは少なく、全体のボリュームが減っていきます。加齢やストレスなどで男性ホルモンが優位になると、余計にかかりやすくなるということです。

慢性休止期脱毛症はヘアサイクルにおける休止期が突如としてやってくるわけですので、その間は抜け毛が多くなります。抜け毛を招くようなことになると、生えてくる髪の毛に比べると、抜ける髪の毛のほうが多くなり、全体的に薄くなるということです。遺伝が影響するというよりは、髪の毛の栄養不足などが原因になることが多いです。

男性では起こり得ないものとして牽引性脱毛症があります。牽引性脱毛症は、髪の毛の根元が引っ張られるなどの負担がかかるヘアスタイルが元になって脱毛が起こるというものです。ポニーテールなどのように髪の毛を引っ張り上げるようなヘアスタイルをしていると、毛根が次第に弱ってきて、髪の毛が抜けることが起こりやすくなります。

いつも同じような分け目をしているということは、同じようなヘアスタイルをしているということになりますので、その時に髪の毛に負担がかかっていないのかどうかをチェックしてみてください。牽引性脱毛症はヘアスタイルが髪の毛に負担をかけているが故に起こっているということですから、分け目を変えてみるなどして、負担を減らす努力をするべきです。

男性と同じように円形脱毛症が起こることがあります。円形脱毛症やストレスなどによってドーナツのような形で髪の毛が抜けてしまいます。ストレスなどが解消したら自然に治ることがありますが、不安であれば、病院に行って治療をしたほうがいいです。

女性も頭皮環境の整備をすることが欠かせなく、皮脂が多すぎても少なすぎても問題があります。皮脂の分泌量をコントロールすることが重要です。以前に比べて抜ける量が多くなったりした場合には、注意をしたほうがいいです。