• ホーム
  • AGAかどうかの検査は病院でできます

AGAかどうかの検査は病院でできます

AGAとは男性型脱毛症のことで、男性ホルモンなどが原因で薄毛の症状が見られます。進行性のためにそのまま放置していると、もっと薄毛が目立つという結果になります。薄毛の原因はAGAだけでなく、薬の副作用やストレスなど多様なものがありますので、自分がどのタイプのものかを把握してから治療をしたほうがいいはずです。

AGAかどうかの検査をするのであれば、皮膚科やAGA専門病院などの病院にて検査をしてもらうか、検査キットを使用するかのどちらかの方法になります。自己判断で治療をするというのはあまり効果がありませんし、費用の面でもあまり意味がないです。ネット上のセルフチェックリストは無料で行えますが、それでは正確に判定することができないでしょう。

病院で検査をするのであれば、皮膚科やAGA専門病院に行くということになります。ただ、皮膚科の場合は一部になりますので、AGA治療を行っている皮膚科に行くようにしてください。病院の場合は血液検査により、薄毛がAGAによるものなのか、治療薬であるフィナステリドに効くのかなどが分かります。

病院で行うのならば自由診療になりますので、健康保険の3割負担の対象にならないことを把握してください。血液検査を行うならば、2,000円から8,000円程度になります。血液検査の結果により、治療を行うということになると、初診料などを含めて30,000円程度になる可能性があります。皮膚科とAGA専門病院の比較で言えば、後者の方が高い傾向にありますが、その分だけ専門的にAGA治療に携わっていますから、詳しく調べてもらうことが可能です。

検査キットを使用するということであれば、ネットでそういうものを取り扱っているところに対して注文をする必要があります。検査キッドの場合は血液を採取することができませんので、綿棒で口腔内の粘膜を採取するか、唾液を採取するかのどちらかで検査を行います。使用方法は検査会社によって異なりますので、手順通りにすることです。医学的な信憑性に乏しいということが言われていますが、結果に応じたアドバイスをしてくれたりしますし、サプリメントやシャンプーなどの提案をしてくれたりします。

検査キットは病院での血液検査と比較して手軽に受けることができるというのが大きいです。検査キットは12,000円程度で購入できますので、費用としてもそれほど高いということではありません。正確性には難がありますが、試しに検査をするためにはいいはずです。