• ホーム
  • AGAを引き起こしてしまう生活習慣は何?

AGAを引き起こしてしまう生活習慣は何?

鏡を見ている男性

AGAになる人というのは親の遺伝子の問題があるということは否めませんが、多くの場合は生活習慣の悪化が原因となって引き起こされているということを忘れてはいけません。乱れた生活習慣はAGAにかかるリスクを高めたり、症状の加速化を促進したりします。悪い生活習慣の例として、睡眠不足やストレス、栄養バランスが悪い食生活、喫煙、飲酒などが該当します。こういう習慣というのは、健康にも悪いですし、自律神経が乱れたり、血行不良を招いたりしますので、出来ることから改善を図っていくほうがいいです。

夜型の生活というのは決していいことではありません。しかし、仕事の関係で夜中に働いて日中に寝るという人がいることも確かです。夜型の生活をしていると睡眠不足を招きやすく、食生活のリズムがバラバラになり太りやすくなります。太ってしまうと血行が悪くなる可能性が高くなりますので、頭皮における血液の流れが滞ることがあります。太り気味の人はどうしても頭皮の皮脂の分泌量が多くなりがちですので、それによってAGAにかかったり、頭皮にかゆみを生じたりしますので、十分に気を付けるべきです。

生活習慣を変えた方がいいということは分かっているのですが、急激に変えてしまうとストレスがかかってかえって逆効果になります。短期間で変えてしまうというのではなく、自分で変えられるところから変えていく方が続きやすいです。飲酒や喫煙の習慣があるということであれば、いきなりゼロにするというのではなく、回数を減らしていくところから始めましょう。回数が減っていくだけでも大きく異なりますので、そこから改善を加えていきます。

食生活のバランスが乱れているのであれば、髪の毛にいい成分を積極的に摂取するなどするべきです。食生活が乱れていると、髪の毛のために全然ならないです。頭皮に栄養分を行き渡らせることが重要で、そのために食生活をきちんとすることが欠かせません。タンパク質や亜鉛、イソフラボンなどの成分をしっかりと取ることを心掛けます。食事で無理ならサプリメントでも全然構いませんが、量の取り過ぎには注意します。

睡眠不足がちな人は疲れやすくなりますし、AGAの原因にもなりますので、しっかりと熟睡するための行動をとりましょう。寝る前にスマホやパソコンを止めて、寝るために心を落ち着かせます。また、遅くまで食事をすると太りやすくなりますので、寝る3時間前までに食事を済ませるようにしてください。